トップページ  >  第1期地域福祉推進計画

第1期地域福祉推進計画


■基本理念

  私たちは、年齢や性別、障害のあるなしにかかわらず、
  県民誰もが住み慣れたまちで安心して健康的に暮らすことができる地域づくりに貢献します。


■スローガン


ともに寄り添い ともに築き ともに輝く 地域づくり


■基本目標


1   つながり、支え合える
地域づくりの推進
(地域の福祉力向上に向けた支援)
2   一人ひとりの困りごとの解決に
向けた取り組みの推進
(個の支援の推進)
市町社協や民生委員・児童委員など、様々な団体や
地域住民等との連携・協働のもと、求められる支援や
新たな取り組みの実践を図り、地域住民がともに
つながり、支え合う地域づくりを推進します。
生活上の困りごとを抱えた地域住民に丁寧に寄り添いながら、それぞれが抱える課題の解決に取り組みます。
3   地域づくりや福祉に携わる人材の
確保・育成・定着の推進
(担い手づくりの推進)
4   くらしの安心を支える
体制強化の推進
(福祉サービス事業者の支援)
市町社協や福祉サービス事業所、学校・養成施設等
との連携・協働を密にして、地域づくりや福祉サービス提供の担い手 となる幅広い人材の確保や育成に取り組みます。
施設種別協議会や各種団体と連携し、福祉サービス利用者へのより良いサービスを提供することが
できる基盤づくりを推進します。
5   県社協の基盤強化への取り組み
(法人の基盤強化)
地域福祉の総合拠点として、信頼される県社協を目指し、
各種団体との連携・協働を深め、組織の基盤強化に取り組みます。


■行動指針

 「 私たちのI.C.T 」
   私たちは、想像力(Imagination)と、
      人とのつながりを最大限に活かし(Communication)
         思いやり(Thoughtfulness)を持って取り組みます。