佐賀県社協のご案内

トップページ>助成事業のご案内

助成事業のご案内

社会福祉活動やボランティア、市民活動等に活用いただける助成事業のご案内です。

助成団体名をクリックすると、それぞれの団体のホームページが別画面で表示されます。


佐賀県内の団体
助成団体名 助成内容等 お問合せ先
(公財)佐賀県地域福祉振興基金 ◆地域いきいきさが・ふれあい基金
子ども・障害者・高齢者をはじめとした幅広い県民の生活上の課題を支援する団体が行う福祉活動事業
*佐賀県内で活動される団体が対象(HPから抜粋)
◆佐賀県社協まちづくり課
TEL:0952-23-2145
(福)佐賀県共同募金会 ◆赤い羽根募金
・建物改修、備品・車両整備等のハード事業
・イベント、研修、ボランティア活動等のソフト事業
・全国共通テーマ「つながりを絶やさない社会づくり」事業
・市町社会福祉協議会が実施する地域福祉事業
◆NHK歳末助け合い募金
日本国内の生活困難者、身体や知的障がい児・者、支援を必要とする高齢者等を対象とする活動
◆(福)佐賀県共同募金会
TEL:0952-23-4996

その他の助成団体
助成団体名   助成内容等    お問合せ先
(独)福祉医療機構   ◆社会福祉振興助成事業(WAM助成)
社会福祉法人・NPO法人等が実施する民間福祉活動に対する助成事業
(1) 地域連携活動支援事業
(2) 全国的・広域的ネットワーク活動支援事業
◆子供の未来応援基金
子供の貧困対策のための事業(金銭を直接給付する事業又は貸与する事業を除く。)に対し支援金を交付
◆社会福祉振興助成事業(WAM助成)
(独)福祉医療機構NPOリソースセンター NPO支援課
TEL:03-3438-4756
又は03-3438-9942
◆子供の未来応援基金
子供の未来応援国民運動推進 事務局
(独)福祉医療機構 NPOリソースセンター
TEL:03-3438-4756
NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド   ◆ドコモ市民活動団体助成事業
・子どもの健全な育成を支援する活動
・経済的困難を抱える子どもを支援する活動
・新型コロナウイルス感染症により影響を受けている子ども等の実態調査活動
◆NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)事務局
TEL:03-3509-7651
九州ろうきん  ◆九州ろうきん「NPO助成」
営利を目的とせず、九州ろうきんの営業エリア内に主たる事務所を設けるNPO法人等への助成
特定非営利活動促進法で認証されている20分野が対象。
◆九州労働金庫 事業部
福祉金融推進課
九州ろうきん「NPO助成係」
TEL:092-714-7017
日本郵便  ◆年賀寄付金による社会貢献事業助成
お年玉付郵便葉書等に関する法律に規定された 10 の事業のいずれかに該当し、かつ、申請法人の定款または寄付行為に基づいて行う事業。
*海外で実施される事業は除く。
◆日本郵便年賀寄付金 Web サイト
◆【年賀寄付金事務局】
TEL:03-3477-0567
(受付時間:平日 10 時~12 時および 13 時~17 時) *急ぎの場合のみ
日本財団
◆日本財団助成事業
国内に所在する公益財団法人・一般財団法人・公益社団法人・一般社団法人・社会福祉法人・特定非営利活動法人が行う次の事業に対し助成。
①社会福祉などの社会的な課題に取り組む事業
②車両配備に関する事業
③預保納付金を活用した犯罪被害者等の支援活動に取り組む事業等
①の事業に関する相談窓口お問い合わせフォーム
②の事業に関する相談窓口お問い合わせフォーム
◆③の事業に関する相談窓口
TEL:03-6229-5347
(公財)中央競馬馬主社会福祉財団  ◆(公財)中央競馬馬主社会福祉財団助成金(施設整備等助成事業)
障害者・児福祉事業、老人福祉事業、母子及び児童福祉事業等の社会福祉事業を行っている社会福祉法人、公益社団法人、公益財団法人、NPO法人に対する施設の設置、拡充又は改築、備品等の購入、障害者(児)・老人福祉等のため実施されるスポーツ大会の管理運営等の助成
◆(福)佐賀県共同募金会
TEL:0952-23-4996
(公財)JKA ◆競輪とオートレースの補助事業
・機械振興補助事業
・公益事業振興補助事業
競輪とオートレースの補助事業
HPのお問い合わせフォーム
(公財)車両競技公益資金記念財団  ◆助成事業
①高齢者、障害者等の支援を目的とするボランティア活動に対する助成 
②社会福祉施設(保育所、障害者支援施設、更生保護施設)等の整備に対する助成 
③医療の基礎的、先駆的研究に対する助成 
④災害復旧援護活動その他公益の増進を目的とする事業に対する助成 
◆①の助成、②のうち保育所の整備に対する助成に関するお問い合わせ先 
(福)佐賀県共同募金会 
TEL:0952-23-4996 
◆②のうち障害者支援施設、更生保護施設に対する助成に関するお問い合わせ先 
(公財)車両競技公益資金記念財団 公益事業部公益事業課 
E-mail:kouekijigyou@vecof.or.jp 
*以下の項目とお問い合わせ内容の記載が必要。 
①法人名 
②施設の種類 
③整備を予定している箇所及び整備内容 
◆③に関するお問い合わせ先 
(公財)車両競技公益資金記念財団 
公益事業部公益事業課 
TEL:03-5844-3070(直通) 
E-mail: 
kouekikinenzaidan@vecof.or.jp 
◆④に関するお問い合わせ先 
(公財)車両競技公益資金記念財団 
公益事業部公益事業課 
E-mail:kouekijigyou@vecof.or.jp 

(公財)キリン福祉財団  ◆「キリン・地域のちから応援事業」
地域における障害児・者、高齢者、子ども等の福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対する助成
①子ども・子育て世代の福祉向上に関わるもの
②シルバー世代の福祉向上に関わるもの
③障害や困りごとのある人・支える人の福祉向上に関わるもの
④地域やコミュニティの活性化に関わるもの

◆「キリン・福祉のちから開拓事業」
障害者や高齢者、児童・青少年、地域社会の福祉向上に関わるボランティア活動を、長期的な視点に立って全国や広域にまたがり実施している、または活動しようと考えている団体に対する助成
*全国や広域(複数の都道府県)にまたがる取り組みのみ対象
◆(公財)キリン福祉財団 事務局
TEL:03-6837-7013
FAX:03-5343-1093
E-mail:fukushizaidan@kirin.co.jp
(公財)日本社会福祉弘済会   ◆社会福祉助成事業
①社会福祉関係者の資質向上に関する研修・地域住民への福祉サービスの知識習得等の研修
②福祉サービスの向上等を目的とした先駆性ある事業の実践を通して行われる研究、社会福祉関係者の専門性向上等の調査研究
◆(公財)日本社会福祉弘済会
TEL:03-5858-8125
FAX:03-5858-8126
(公財)ヤマト福祉財団  ◆障がい者福祉助成事業 (ヤマト福祉財団助成金)
①障がい者給料増額支援助成金
障がい者の給料増額に努力し取り組む事業所・施設に対し、さらに多くの給料を支払うための事業の資金として助成
②障がい者福祉助成金
給料増額にこだわらず、障がいのある方の幸せに繋がる事業・活動に対して助成。福祉事業所に限らずボランティア団体、サークル等が行う、次のような幅広い活動(会議・講演会、ボランティア活動、スポーツ活動・文化活動、調査・研究・出版)を支援。
◆(公財)ヤマト福祉財団 助成金事務局
TEL:03-3248-0691
(一社)生命保険協会 ◆子育てと仕事の両立支援に対する助成活動 ◆生命保険協会 広報部内「子育てと仕事の両立支援」事務局
TEL:03-3286-2643
(公財)日本生命財団 ◆日本生命財団助成事業
①児童・少年の健全育成助成(物品助成)
次代を担う児童・少年が健やかに育っていくために、定期的に継続して行っている次のような活動に対し助成。
・自然と親しむ活動・異年齢・異世代交流活動
・子育て支援活動・療育支援活動・フリースクール活動
②児童・少年の健全育成助成(研究助成)
③高齢社会助成
◆地域福祉チャレンジ活動助成
地域包括ケアシステムの展開や深化に繋がる活動へチャレンジするための活動に対し助成。
◆実践的研究助成
④生き生きシニア顕彰
高齢者が主体となり、長きにわたり継続して月1回以上の地域貢献活動に取り組んでおり、今後とも安定した活動が見込まれる民間の団体に対し顕彰。
⑤環境問題研究助成
◆①と④に関するお問い合わせ先
日本生命財団 助成事業部
TEL:06-6204-4014
◆②に関するお問い合わせ先
日本生命財団 児童少年の健全育成(研究助成)事務局
TEL:06-6204-4013
◆③に関するお問い合わせ先
日本生命財団 高齢社会助成 事務局
TEL:06-6204-4013
◆⑤に関するお問い合わせ先
ニッセイ財団 環境問題研究助成 事務局
TEL:06-6204-4012
(公財)大同生命厚生事業団 ◆シニアボランティア活動助成
社会福祉の増進に役立つ次のようなボランティア活動を行っているか、または行おうとするシニア(年齢満60歳以上)が80%以上のグループに対して活動に係る費用を助成。
①高齢者福祉に関するボランティア活動
②障がい者福祉に関するボランティア活動
③こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動 (ただし、少年野球・サッカー等のスポーツ活動や通常の子供会活動は除く)
◆地域保健福祉研究助成
◆(公財)大同生命厚生事業団 事務局
TEL:06-6447-7101
(公財)SOMPO福祉財団  ◆NPO基盤強化資金助成
・組織および事業活動の強化資金助成
・住民参加型福祉活動資金助成
・認定NPO法人取得資金助成
◆ジェロントロジー研究助成(隔年での公募)
◆自動車購入費助成(地域を東日本地域・西日本地域の2つに分け、隔年で募集)

◆(公財)SOMPO福祉財団
TEL:03-3349-9570
(公財)大和証券福祉財団   ◆ボランティア活動助成
5名以上で活動する非営利の団体が行う、次のような活動に係る費用を助成。
①高齢者、障がい児者、子どもへの支援活動及びその他、社会的意義の高いボランティア活動
②地震・豪雨等による大規模自然災害の被災者支援活動
◆子ども支援活動助成
20名以上で活動する非営利の団体が行う、「子どもたちに夢と笑顔を、そして輝く未来に繋ぐ支援活動」に係る費用を助成。
(活動例)
・子どもの居場所づくり活動・子どもの学習支援活動
・貧困家庭の子ども支援活動・育児放棄や子どもの虐待防止活動等
◆(公財)大和証券福祉財団 事務局
TEL:03-5555-4640
FAX:03-5202-2014
E-mail:fukushi@daiwa.co.jp
(公財)みずほ福祉助成財団 ◆社会福祉助成金事業
障がい児者に関する事業及び研究で先駆的・開拓的な事業及び研究に対して必要な費用を助成。
◆(公財)みずほ福祉助成財団
TEL:03-3596-5633
E-mail:BOL00683@nifty.com
(福)丸紅基金  ◆社会福祉助成
原則として非営利の法人が行う、先駆的・開拓的な事業案件であって、社会福祉の充実・向上に波及効果が期待されるものに対し助成。
◆(福)丸紅基金
TEL: 03-3282-7591 ・7592
FAX: 03-3282-9541
(福)清水基金  ◆社会福祉法人助成事業
障がい者の施設を運営し、社会的自立支援・地域移行を図る社会福祉法人に対し、利用者のために必要な機器・車両・建物等の整備に係る費用の一部を助成。
◆NPO法人助成事業
障がい者の施設を運営し、社会的自立支援・地域移行を図るNPO法人に対し、利用者のために必要な機器・車両・建物等の整備に係る費用の一部を助成。
◆文化芸術活動特別助成事業
◆海外研修事業
◆国内研修事業
◆(福)清水基金
お問い合わせフォーム TEL:03-3273-3503
(月~金/9:00~17:00)
(福)NHK厚生文化事業団  ◆わかば基金
地域に根ざした福祉活動を進めているグループに対し、支援金の助成や、リサイクルパソコンを寄贈。
・支援金部門(一定の地域に福祉活動の拠点を設け、支援金により活動の輪を広げたいというグループを対象)
・リサイクルパソコン部門(パソコンを利用することで地域で活発な福祉活動に取り組み、高齢者や障害者に直接役立つ活動を進めているグループを対象)
・災害復興支援部門(東日本大震災以降に激甚災害指定を受けた災害の被災地域に活動拠点があり、その地域の復旧・復興を進めているグループを対象)
◆(福)NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
(公財)みずほ教育福祉財団 ◆老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業
高齢者を主な対象として活動するボランティアグループに対し、活動において継続的に使用する用具・機器類の取得資金を助成。
◆(公財)みずほ教育福祉財団
福祉事業部
E-mail:FJP36105@nifty.com
TEL:03-3596-4532
FAX:03-3596-3574
(公財)ユニベール財団   ◆特定活動助成
心のケアのための傾聴ボランティアとして活動をしている団体に対し助成。
◆研究助成
◆(公財)ユニベール財団
TEL:03-3350-9002
FAX:03-3350-9008
E-mail:info@univers.or.jp
(公財)三菱財団 ◆社会福祉事業並びに研究助成
・事業(現行制度上、公の援助を受けがたい、開拓的ないし実験的な社会福祉を目的とする民間の事業に対し助成)
・調査研究(開拓的ないし実験的な社会福祉に関する科学的調査研究に対し助成)
◆自然科学研究助成
◆人文科学研究助成
◆文化財保存修復事業助成
◆自然科学研究特別助成(新型コロナウイルス等感染症に関する学術研究助成)

◆(公財)三菱財団 事務局
E-mail:info@mitsubishi-zaidan.jp
TEL:03-3214−5754
ファイザー株式会社  ◆心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援
ヘルスケアを重視した社会の実現に向けて、
「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体や患者団体・障がい者団体等が行う「健やかなコミュニティづくり」の試みに対し助成。
◆特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド ファイザープログラム事務局
E-mail:pfp@civilfund.org
TEL:03-5623-5055
(月曜日~金曜日(祝祭日をのぞく)10:00~17:00)
お問い合わせについては極力E-mailにてお願いいたします。
日本たばこ産業株式会社  ◆NPO 助成事業
日本国内において、地域社会の核となって実施する「地域コミュニティの再生と活性化」につながる事業に対し助成。
• 近年の大規模自然災害に起因して発生した地域社会の課題に取り組む事業
• 新規性が高く先駆的な事業
◆SDGs貢献プロジェクト
「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」のいずれかの分野で、日本国内で実施する包摂的かつ持続可能な地域社会の発展に貢献する事業に対し助成。
◆NPO助成事業
日本たばこ産業株式会社 CSR 推進部 JT NPO 助成事業事務局
TEL 03-5572-4290
E-mail:npo.support@jt.com
◆SDGs貢献プロジェクト
公益社団法人日本フィランソロピー協会内
HP:https://www.philanthropy.or.jp/jt/
E-mail:jt_sdgs@philanthropy.or.jp
お問い合わせフォーム
(公財)トヨタ財団  ◆トヨタ財団助成事業
①特定課題に関するプロジェクト助成
○先端技術と共創する新たな人間社会
○外国人材の受け入れと日本社会
②国内助成プログラム
「新常態における新たな着想に基づく自治型社会の推進」
1)日本社会における社会サービスの創出や人材の育成
2)地域社会を支える共創によるプラットフォームの創出や整備
③研究助成プログラム「つながりがデザインする未来の社会システム」
④国際助成プログラム「アジアの共通課題と相互交流 -学びあいから共感へ-」

◆①に関するお問い合わせ先
・先端技術と共創する新たな人間社会
E-mail:
society-tech@toyotafound.or.jp
・外国人材の受け入れと日本社会
E-mail:
migration@toyotafound.or.jp
◆②に関するお問い合わせ先
◆③に関するお問い合わせ先
◆④に関するお問い合わせ先
パナソニック株式会社
(Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs)
 
◆海外助成
新興国・途上国内で貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNGOの組織基盤強化の取り組みに対し助成。
◆国内助成
日本国内の貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて、持続発展的に社会変革に取り組む意欲のあるNPOの組織基盤強化の取り組みに対し助成。
◆海外助成 協働事務局
認定特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター
E-mail:pnsf-sdgs@janic.org
◆国内助成 協働事務局
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
E-mail:support-f@civilfund.org