佐賀県民災害ボランティアセンター


トピックス

 トピックス

2018年9月のバックナンバー


「平成30年北海道胆振東部地震」による被災地支援・災害ボランティア活動について


2018年9月11日

平成30年9月6日(木)に北海道胆振地方中東部で発生した地震については、

現在、各地での被害が報道されています。

 

被災地である厚真町(7日)、安平町(8日)、むかわ町(8日)では、

災害ボランティアセンターを設置しました。

また、厚真町と安平町は、ボランティアの登録を開始しました。厚真町の

個人ボランティアについては、道内の方のみを対象としています。

詳細は、下記リンクをご参照ください。

なお、被災地では一部で停電、断水等が続いており、被災地までの道路も

損傷などしているため、現段階では多くの支援を受け入れることができない

状況です。

住民はもとより、支援に来られる方々の安全を第一に考え、現在、ボランティアの

受け入れを調整している段階です。

皆様におかれましては、各災害ボランティアセンターのホームページ等で

発信される最新情報を確認の上、ボランティア活動に参加いただくよう

お願いいたします。

 

◆厚真町

・厚真町災害ボランティアセンター Facebook

・厚真町 HP

 ◆安平町

・安平町災害ボランティアセンター HP

・安平町災害ボランティアセンター Facebook

・安平町災害ボランティアセンター Twitter

 ◆むかわ町

・むかわ町社会福祉協議会 HP

 

◆北海道災害ボランティアセンターホームページ

http://hokkaido-saigai-vc.jp/

◆全国社会福祉協議会ホームページ

https://www.saigaivc.com/




「平成30年北海道胆振東部地震」による被災地支援・災害ボランティア活動について


2018年9月 7日

平成30年9月6日(木)に北海道胆振地方中東部で発生した地震については、

現在、各地での被害が報道されています。

 

現在、北海道社会福祉協議会では、道内にある14の地区事務所、

及び行政と連絡を取りながら、情報収集を進めています。

また、札幌市社会福祉協議会でも情報収集を進めています。

 

現在は、被災直後であり、被災地の各社会福祉協議会においても、

情報収集を行っている状況です。

また、電気、水道、道路等のインフラにも大きな被害が出ており、

今の段階でのボランティア活動のための現地入りなどは、

被災地域に負担をかけることとなります。

 

今後、被災地においてボランティアの皆さんのご協力を

お願いすることになった場合は、本ホームページ、また、

下記の全国社会福祉協議会や北海道災害ボランティアセンターの

ホームページ等でご案内します。

 

【参考】

全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報

北海道災害ボランティアセンター

 




「台風21号」による被災地支援・災害ボランティア活動について


2018年9月 6日

 平成30年9月4日に四国・関西地方に上陸した台風21号による大雨、強風により、32都道府県で人的被害や住家被害が生じています。

 

 今回、被害の大きかった大阪府・京都府内の市社会福祉協議会では、災害ボランティアセンターが開設され、被害を受けられた住民の方々の支援を行っています。

 

 なお、時間の経過とともに、支援ニーズが変化し、災害ボランティアセンターにおけるボランティアの募集範囲や活動内容も変化します。各災害ボランティアセンターのホームページ等で発信される最新情報を確認の上、ボランティア活動に参加いただくようお願いいたします。

 

 

■災害ボランティア活動を希望される皆様へ■

 

≪事前にボランティア活動保険に加入ください≫

 ボランティア活動を行う皆さん自身のために、ボランティア活動保険に加入して現地に行くようにしてください。

 ボランティア活動保険は、 自宅と活動場所の往復途上も補償されます。

 被災地ボランティアセンターの負担を軽減するためにも、できる限り最寄りの市町社会福祉協議会もしくは佐賀県社会福祉協議会で加入ください。

 なお、補償期間は加入申し込み手続き完了日の翌日から加入年度の3月31日までとなっていますので、ご注意ください。

 

 

≪自己完結のボランティア活動をお願いします≫

 ボランティアご自身で必要な物品や服装をご用意いただき、参加するようお願いします。

 マスク、ゴム手袋や軍手、長靴、目を保護するゴーグル等も用意されることをお薦めします。 

 

 ≪充分な熱中症予防対策をお願いします≫

 被災地でもまだまだ暑い日が続いています。

 ボランティア活動に参加される皆さんの体調管理は何よりも重要です。活動にあたっては、決して無理をされないようにしてください。

 各災害ボランティアセンターでご案内している熱中症予防対策や、活動にあたっての留意事項(定期的な休憩時間の確保、活動するボランティアグループメンバー同士での交代作業など)も参考としてください。 

 

≪被災された方の命とくらしを守るために≫

 台風被害のボランティア活動では、家屋内外の清掃などの作業が中心になります。

 ボランティア活動の中で住民の方からお聞きになった困りごとや心配ごと、お隣や近所の方の様子など、気になったことがあれば、災害ボランティアセンターのスタッフにお伝えください。

 災害ボランティアセンターでは、様々な団体や機関とのネットワークにより、被災された方々を支える活動に繋げてまいります。

 災害時のボランティア活動の目的は、被災された方々の命とくらしを守ることです。

 

 

■被災地の災害ボランティアセンター等の状況■

 

 【大阪府内のボランティア活動について】

●吹田市(吹田市災害ボランティアセンター)

●泉佐野市(泉佐野市災害ボランティアセンター)

 【泉佐野市社会福祉協議会ホームページ】http://blog.canpan.info/shakyo-s/archive/879

●豊中市(豊中市社協 災害支援ボランティア窓口)

  【豊中市社会福祉協議会ホームページ】https://www.toyonaka-shakyo.or.jp/

●岸和田市(岸和田市災害ボランティアセンター)

 【岸和田市社会福祉協議会ホームページ】http://www.syakyo.or.jp/

●阪南市(阪南市災害ボランティアセンター)

 【阪南市社会福祉協議会ホームページ】https://www.hannanshi-shakyo.jp/

 

【京都府内のボランティア活動について】

●八幡市(八幡市災害支援ボランティアセンター)

 【八幡市社会福祉協議会ホームページ】http://www.yawata-shakyo.or.jp/

●長岡京市(長岡京市災害支援ボランティアセンター)

 【長岡京市社会福祉協議会ホームページ】http://www.nagaokakyo-shakyo.jp/






ページアップ

お問い合わせ先
佐賀県民災害ボランティアセンター事務局
〒840-0021 佐賀市鬼丸町7番18号 佐賀県社会福祉協議会内
TEL:0952-23-2145 FAX:0952-25-2980
Mail:saigai-vo@sagaken-shakyo.or.jp
copyright(c)Saga Prefectural Disaster Volunteer Center All rights reserved.