佐賀県民災害ボランティアセンター


トピックス

 トピックス

2011年7月のバックナンバー


赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」助成事業が募集中です


2011年7月22日

赤い羽根の中央共同募金会では、東日本大震災の被災地等で活動するボランティアグループ・NPOへの活動支援を行う赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」を募集されています。

 

 

このたびの大震災は、被害が極めて甚大であり、支援活動は広域化、長期化し、支援活動に要する費用も多額にのぼると考えられます。

 

被災された方がたへの救援・支援活動にはボランティアグループやNPOが大きな役割を果たしますが、こうした活動を資金面で支援するため、中央共同募金会では、支援活動を行うボランティアグループやNPOへのサポート募金を展開されています。

 

「被災地での支援活動を行いたいが資金的に...」とお悩みの団体は、ぜひ下記アドレスからご確認ください。

 

◆赤い羽根共同募金会◆ http://www.akaihane.or.jp/er/p3.html




【報告】災害ボランティア研修会を開催しました


2011年7月 1日

災害ボランティア研修会

~「東日本大震災」災害ボランティア参加報告から学ぶ活動実践~を開催しました

 

 

災害ボランティアの基礎知識や被災地での災害ボランティア活動報告(ボランティアバス参加者からの報告)など、今後被災地でボランティア活動をお考えの方や災害ボランティア活動に関心のある方などを対象に研修会を行いました。

 

 

この研修会は「東日本大震災」の発生に伴い、今後、被災地での災害ボランティア活動を予定している方、災害ボランティア活動に興味がある方を対象に、災害ボランティア参加の心構え、服装などの必要な準備、活動の仕方などについて、被災地の災害ボランティアコーディネーターとして活動した当センター職員が講義を行いました。

 

会場には事前に申込みをされた約70名の方が熱心に聴講され、講師の「復興・復旧の主役は被災された方、ボランティアはそれをサポートする存在であり、相手と同じ目線で考えて行動を」との話に、大きくうなずく光景も見られました。

  

kensyu20110630-1.jpg    kensyu20110630-2.jpg    kensyu20110630-3.jpg 

 

質疑では、参加者から「高校生の息子がいるが活動できるボランティアはあるか」、「被災地での宿泊はできる状況なのか」など、今後被災地で活動を行うにあたり、疑問に思っていることが質問され、具体的な現地の状況について説明が行われました。

 

また研修会後半にはセンターが主催した「災害ボランティアバス」の参加者2名から、現地でのがれきの撤去作業の様子や、避難所でのニーズ調査の状況など、実際の災害ボランティア活動について報告がありました。

kensyuu20110630-4.jpg    kensyu20110630-5.jpg

 

■開催日時:平成23年6月30日(木)19:00~21:00

■会場:佐賀市文化会館

開催要領(PDF) 






ページアップ

お問い合わせ先
佐賀県民災害ボランティアセンター事務局
〒840-0021 佐賀市鬼丸町7番18号 佐賀県社会福祉協議会内
TEL:0952-23-2145 FAX:0952-25-2980
Mail:saigai-vo@sagaken-shakyo.or.jp
copyright(c)Saga Prefectural Disaster Volunteer Center All rights reserved.