トップページ >  県社協からのお知らせ・トピックス一覧


令和2年度介護福祉士修学資金等貸付の募集について


2020年4月16日


◆養成施設卒業後に介護福祉士又は社会福祉士の資格を取得・登録し

 佐賀県内で福祉施設等に就職を希望されている方が申請対象となります。

◆募集期間 : 令和2年4月16日(木)~6月11日(木)

養成施設入学後に、養成施設を通じての申請となります。
 (ただし、佐賀県外養成施設の場合は、各自で申請

詳細については、こちらの手引をご覧ください。


【対象者】 
 次の要件を満たす方のうち、卒業後、介護福祉士又は社会福祉士国家資格を取得・登録し、
 佐賀県内の介護福祉施設等において介護福祉士等として、特定業務に従事しようとする方
 が対象となります。
   
  1.佐賀県内の介護福祉士等養成施設に在学する方(国籍は問いません。)、又は
   佐賀県出身(佐賀県内に住所を有する方の子、又は借入申請者本人の本籍が
   佐賀県にある方)もしくは佐賀県在住者で、県外の養成施設等に在学する方。

  2.借入申請時に53歳以下の方。
      
      (注1)養成施設等の内、社会福祉士通信課程に在学中の場合は、借入申請者又は
        連帯保証人のいずれかが佐賀県内に在住していること。
      (注2)既に佐賀県外で特定業務に従事している方は、申請できません。
      (注3)他の国庫補助(生活福祉資金、母子父子寡婦福祉資金、職業訓練受講給付金等)
        事業と本貸付の併用はできません。なお、日本学生支援機構等の奨学金とは併用
        できますが、本貸付と合わせ真に必要な範囲に限られます。
      (注4)教育訓練給付制度(雇用保険法)との併用(給付金20%~70%を差し引いた額)は
        可能です。なお、上記給付金等との不適切な併用が判明した場合は、本貸付の契約
        を解除し、貸付については一括での返還を求めます。

      (注5)「高等教育の修学支援新制度」との併給について (令和2年4月より実施)
        ①「授業料等の資金及び入学準備金」に関しては、修学支援新制度による授業料等の
         減免額を差し引いた後も自己負担が生じる場合、自己負担額の範囲内での貸付が
         可能です。
        ②「国家試験受験対策費及び就職準備金」に関しては、貸付が可能です。     

      (注4)他県の介護福祉士修学資金等貸付と重複での借入はできません。

  《佐賀県内養成施設》

     養成施設区分「介護福祉士」  

      ・西九州大学 社会福祉学科 介護福祉コース

      ・西九州大学短期大学部 地域生活支援学科 介護福祉士コース

      ・佐賀女子短期大学 地域みらい学科 福祉とソーシャルケアコース

     養成施設区分「社会福祉士」

      ・九州医療専門学校 社会福祉士通信学科


【貸付限度額】

   ≪通学を要する介護福祉士養成施設に修学する場合≫

    月額 50,000円以内  入学準備金(初回1回限り):200,000円以内

 就職準備金(最終回1回限り):200,000円以内

 国家試験受験対策費用 (卒業年度に限り):40,000円以内

   ≪通信制の社会福祉士養成施設に修学する場合≫

    月額 20,000円以内  入学準備金(初回1回限り):100,000円以内

 就職準備金(最終回1回限り):100,000円以内

 

【連帯保証人】 原則 1名 

        ※ただし状況により2名必要な場合もあります。

        ※個人に連帯保証人をお願いすることができない場合、勤務先又は養成施設

         卒業後に勤務予定の法人を連帯保証人として申請することも可能です。

          →詳細については、手引きにおいてご確認ください。

【貸付利子】 無利子

【貸付期間】 養成施設に在学する期間


【返還免除】 次の要件を満たした場合は、返還債務の全額を免除します。

       養成施設を卒業後、1年以内に介護福祉士又は社会福祉士の資格を取得・登録した

       うえで、佐賀県内の福祉施設等において特定業務に従事し、5年間継続して当該業務

       に従事したとき。(過疎地域※又は中高年離職者は3年間)

       ※従事期間5年間を満たさず退職した場合であっても、貸付けを受けた期間以上従事した場合は、返還債務の一部

          が免除となる場合があります。


【申請手続】  養成施設での取りまとめにてご提出いただきます。(養成施設ごとに締め切りが異なる場合

       がありますので、ご注意ください。 詳しくは在学の養成施設へお問い合わせください。

        ただし、県外の養成施設の場合は、取りまとめではなく、申請者各自で提出することと

       しています。

【申請書類】  令和2年度制度の手引き.pdf を参照のうえ、以下の書類等が必要です。

       1.介護福祉士修学資金等貸付申請書  様式第1号-1-貸付申請書.pdf  

       2.介護福祉士修学資金等貸付における個人情報の取扱いについて

                         別紙様式① 個人情報の取扱いについて.pdf 

       3.住民票 (申請者世帯分、連帯保証人分)

       4.所得・課税証明書 (申請者世帯分、連帯保証人分)

       5.在学する養成施設等の長の推薦調書 様式第2号-推薦調書 .pdf  

   

   (個人以外に連帯保証人をお願いする場合)

       1.介護福祉士修学資金等貸付申請書  様式第1号-2-貸付申請書(法人保証).pdf  

       2.介護福祉士修学資金等貸付における個人情報の取扱いについて

                                                                                別紙様式① 個人情報の取扱いについて.pdf  

       3.住民票 (申請者世帯分)

       4.所得・課税証明書 (申請者世帯分)

       5.在学する養成施設等の長の推薦調書 様式第2号-推薦調書 .pdf   

       6.連帯保証人にお願いする「法人」に提出いただく書類

                                                               別紙A 法人が連帯保証人となる場合必要な書類.pdf  

       7.養成施設卒業後雇用予定書  様式第24号-養成施設卒業後 雇用予定書.pdf  

     

   ※「高等教育の修学支援新制度利用(併給)の方は、授業料減免等の採用決定の額を確認し貸付決定することと

    なりますので、別途次の資料を提出ください。

     → 別紙B本制度以外の奨学金等の状況及び修学費用の使途(見込).pdf     、 採用決定の写し

    (介護福祉士修学資金等貸付制度と高等教育の修学支援新制度の併給運用にあたっては、高等教育の修学

     支援新制度を優先に適用することとされているためです。ご理解いただきますようお願いいたします。)

 

 【問合せ・申請受付】

     社会福祉法人佐賀県社会福祉協議会 施設人材課 福祉人材・研修センター(介護修学担当)

      〒840-0021 佐賀県佐賀市鬼丸町7番18号 ℡0952-28-3406     

        (受付時間) 平日8時30分~17時15分まで      

       

 

  

最新記事

月別バックナンバー