佐賀県社協のご案内

トップページ > 佐賀県社協のご案内 > 佐賀県社協について > 佐賀県社協の沿革

佐賀県社協の沿革

法制化以前

 佐賀県社会福祉協議会の前身と言える、佐賀県社会福祉事業協会が昭和24年2月、民間社会福祉団体として設立され、佐賀県内における社会事業の推進と普及を図り、各種社会事業団体及び社会福祉施設の連絡調整の役割を持つとともに、社会事業の調査研究、社会福祉事業従事者の養成、生活困難者への各種援護事業を行っていた。

 このほか、県の委託を受けて、県立施設(養老・更生・授産・母子寮・養護・乳児・保育所・共同浴場など9施設)の経営を行っていた。

 当協会のほか、県内には、民生委員連盟、同胞援護会、児童福祉協会、みゆき会(現母子寡婦福祉連合会)など、県域の団体が各々の事業を進め、実績を挙げていたのであるが、昭和26年3月29日社会福祉事業法が制定交付され、民間社会福祉事業の一元的かつ組織的な活動が要望され、この母体として、佐賀県社会福祉協議会が設置されるに至った。

法制化以後
昭和26年 3月29日社会福祉事業法の制定
26年 5月29日 佐賀県社会福祉協議会設立準備会
26年 7月 2日 設立総会開催、佐賀県社会福祉協議会設立を議決
26年10月10日 第2回総会開催、社会福祉法人設立の趣旨、定款を議決し同法人設立と同時に社会福祉事業協会、民生委員連盟、児童福祉協会を発展的解散し統合することを最適とし、3団体の事業を承認することとした
28年 4月21日 社会福祉法人 佐賀県社会福祉協議会設立認可
会長  鶴 初太郎
28年 5月 7日 設立登記完了
30年 4月 1日 世帯更生資金貸付(現 生活福祉資金)事業始まる
33年 4月 民生委員互助共励事業始まる
36年10月 社会福祉施設職員退職共済事業始まる
36年11月 第1回佐賀県社会福祉大会開催
41年 6月 佐賀県社会福祉会館落成
44年 4月機関紙「さが社協だより」創刊
48年 4月 社会福祉活動普及促進事業(協力校指定)始まる
48年12月20日 高齢者無料職業紹介所設置
49年 4月 奉仕銀行(現 ボランティアセンター)事業始まる
54年 5月 佐賀県地域福祉振興センター落成
55年 3月 佐賀県ボランティア連絡協議会の発足
55年 9月 佐賀県地域福祉振興基金の創設
58年11月 市町村社会福祉協議会法制化
60年11月25日 佐賀県社会福祉会館全面改修
62年 8月 1日シルバー情報相談センター設置
(県から受託。高齢者無料職業紹介所を廃止)
平成 3年 3月31日シルバー情報相談センター受託運営事業廃止
(佐賀県長寿社会振興財団へ移管)
5年 7月 1日 佐賀県福祉人材センター無料職業紹介事業開始
11年10月 1日 佐賀県あんしんサポートセンター(地域福祉権利擁護事業)開設
12年 6月佐賀県運営適正化委員会設置
(福祉サービスに関する苦情に対応するため有識者で構成)
17年 4月 1日 認知症高齢者グループホーム(現:地域密着型サービス)外部評価事業開始
18年 4月 1日 介護サービス情報の公表に関する事業、福祉サービス第三者評価事業開始
21年 3月31日 県立養護老人ホーム佐賀向陽園、伊万里向陽園の指定管理期間満了に伴い、運営を他法人へ移譲
23年 3月31日 県立児童養護施設聖華園、県立婦人保護施設佐賀婦人寮の指定管理期間満了に伴い、運営を他法人へ移譲
24年 3月31日 介護サービス情報の公表に関する事業終了